社会保険労務士事務所の役割

社会保険労務士事務所を開設したら、企業や個人からの依頼による、従業員その他に対する業務で社会保険労務士としての範囲内で、各種手続きや事務処理を行ったりします。社会保険労務士の業務に対応している監督官庁は、主に厚生労働省管轄の労働基準監督署やハローワーク、年金事務所などです。

具体的な業務としては、人事雇用等の労務に関する相談や指導と、それに伴う給与計算を行ったり、企業で働く人の業務時や通勤時における労働災害の申請や給付に関する諸手続き、更に社会保険における私的な傷病、出産、死亡等にかかわる申請などの事務手続きも行います。これらの各種保険制度に対して、算定基準を作ったり届出作業も行うのです。また、企業内の労働者名簿や賃金台帳などといった法定帳簿の調製や就業規則等の作成を行ったり改訂したりする業務にも携わります。その他社員教育や労働安全衛生に関する相談と指導を行い、より良い企業を構築するためにメンタル面からも指導をするのです。

個人の依頼に関しては、各種年金に伴う相談と老齢、障害年金の申請、離婚時分割の給付代行をし、医療保険各法や介護保険法等に基づく相談や傷病手当金、要介護認定などの申請代行、個人で作成した申請書等の審査や助言も行います。特定社会保険労務士としての資格業務で、労使交渉等の紛争代理の相談や代理人としての業務を行うことはできますが、労働争議時の団体交渉においては代理にとなることはできません。

Pocket